セブ島移住者による交流会のブログ

セブ島移住者による「すみれ会」及びロングステイヤーの集い「木曜会」の活動状況を発信して行きます。

新年早々いきなり観光ビザ代の値上げ!?

話は昨年12月中旬、長年観光ビザでマクタン島在住のH氏、日本に昨年11月に一時帰国し12月初旬にセブに戻り、滞在延長の為29日間ビザ延長の手続きの為マクタン島のガイサノマクタンに有るイミグレーションへ、此のY氏長年セブ在住にも関わらず英語の読み書きは勿論話すことも全く出来ない為、「木曜会・会員お助け隊」としてイミグレーションへ同行しビザの延長手続きを手助け、29日間の観光ビザ延長費用として2,180ペソを支払い中2営業日後にパスポートを受け取りに来るよう案内されました。

更に、本日1月3日に再び「木曜会・会員お助け隊」出動となり今回はH氏、日本でテレビ制作の仕事に携わり、20年以上に渡りP人妻と幸せな家庭生活を過ごしておられる方で、将来はP人妻とセブで老後の生活を楽しむ為に、P人妻名義の家もマクタン島に所有しておられます。

今回は、妻方の親戚訪問の合間に将来の為に英語を個人的に勉強されるのが目的との事で、29日間の観光ビザ延長の為マクタン島のイミグレーションへ、今年初日の受付にも拘らず相変わらずガラガラであります。

サクサクとビザ延長書類を記入し、キャッシャーからの呼び出し料金はナナナ~ント
「3,180ペソ」といきなり千ペソの値上げ、もしかしてExpress費? 復活!?
やがてH氏の名前が呼ばれ書類にサイン後、手元にはパスポートが.....。
僅か15分でビザ延長の手続きは全て完了となりました。


                        「コルドバ月光」


管理人さんへ
この現状は実際どうなっているのか、今後どうなるのか分かったら情報下さい

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。