セブ島移住者による交流会のブログ

セブ島移住者による「すみれ会」及びロングステイヤーの集い「木曜会」の活動状況を発信して行きます。

木曜会とは・・・

 昨日、「木曜会」の会場へ行く為にジプニーに
乗り込みました。
すると、そこに初老の日本人らしきご夫婦が
乗車しておりましたので、話しかけてみました。
山梨県から初めてセブに来られたとのこと。
ご夫婦は、永住を考えていて、観光を兼ねて、
現地下見をされているとの事でした。
それにしても、初セブで老夫婦がジプニーを
利用されている光景には「冒険家ですねー」と
大笑いしました。


 その後、ガイサノモールで降り、暫く立ち話をしました。
ご主人曰く、山梨の冬は厳しく、昔、負った事故の影響で
冬場になると古傷が痛む為、日本が冬場の時期に
半年移住を考えているとのことでした。
観光を兼ねて、現地目線とジプニーの乗車体験で
見回っているのは、少し珍しくもありましたが、
あー、こんな実直なご夫婦も居るんだと微笑ましくも
見えました。


 日本の冬場の寒さを避けて、毎年、半年間の移住生活を
されるのは、南国ならではの賢い移住方法です。
次回はレンタカーなどを利用して、ガイドのアドバイスを
受けながら下見することも勧めてみました。
そして、お食事のお誘いを受けましたが、「木曜会」へ
出席する為、残念でしたが丁重にお断りしました。
2週間の滞在予定なので、また何処かでお会い出来るでしょう。


 話は変わりますが、昨年、木曜会に「月6万円強で
生活出来るのか」という問い合わせが3件ありました。
日本の田舎では生活保護に対する偏見もあり、
住みずらいので、セブで生活したいとのことでした。
セブにも月6万円で生活している日本人もおられますが、
現地フィリピン人並みの生活では少々きついのが現実です。
一度、下見に来られてから、木曜会に出席し、
アドバイズを受けて下さいと説明しておきました。


 こんな、何でも移住相談をしている「木曜会」ですが、
会費も規則もない自由奔放な移住者や初心者が
参加する情報交換会です。
毎週木曜日の午後1時からマクタン島のタミヤ近くで
集会しております。
また、毎週火曜日の夕方からは、飲み会も
やっております。
ご興味のある方は、「木曜会」幹事のODAまで
ご連絡下さい。
Globe 0927-207-8388 


×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。