セブ島移住者による交流会のブログ

セブ島移住者による「すみれ会」及びロングステイヤーの集い「木曜会」の活動状況を発信して行きます。

セブ・すみれ会7月定例会報告

7月1日、日曜日午後1時よりセブすみれ会定例会が行われましたので、その内容を
報告致します。


理事会報告
1)本日、新しい会員1名の入会が有りました、前回の定例会にオブザーバーで参加され
  たKさん、正式入会となりました未だお若いので今後に期待したいと思います。


2)会計理事のKaさんが6月22日金曜日の早朝に自宅で脳梗塞の為倒れました、一人住
  まいであったので、同じ敷地に住むすみれ会のKiさんが「見守り隊」としてKaさん
  に毎朝、声掛けの「生存確認」をしておりましたが、返事が無かったのでKaさんと
  常日頃から、万が一に備え打ち合わせをしており合鍵も預かっていたとの事で、Ka
  さんの自宅に入って声を掛けた所2階から返事が有ったので行ってみると、シャワー
  室で倒れていたとの事、意識は有りましたがろれつが回らない状態で有ったので、
  急遽救急車を呼び、最寄りのマンダウエ市のチョンワホスピタルに搬送したとの事。
  幸いにも発見が早かった事も有り、8日後には退院し今後は自宅でリハビリを行う事
  となったが、更に幸いなことに同じアパートにフィリピン女性のケアギバー(介護福
  祉士)が住んでいたことから、その方にKaさんの身の回りの世話と介護をお願い
  するとの事です。
  現在は左半身が脳梗塞の影響で麻痺しているそうですが、一日も早い回復をお祈り
  しております。
  参考までに、病院への支払い総額は8日間で24万ペソでした。


3)尚、上記Kaさん並びにKoさんに関し、現在病気療養中の為「すみれ会定例会」には
  当分の間出席出来ないので、一旦退会扱いとするが、両人とも病気が回復次第、
  すみれ会に参加したいとの固い意思を持っていることが確認されているため、理事会
  は会則第7条4項(入会、退会)「病気やケガで長期療養者のみの事情に限り理事会
  で取扱を決定する」の条項に基づき、次の様に決定した。
  
  決定通知:「会員のKaさん、Koさんに関し今後何か問題が生じ本人達がサポートを

  望んだ場合、理事3名が個人的にサポートする」但し退会扱いとなる為、かかる経費
  は依頼者が負担する。


4)「生前準備」活動の中で、緊急対応マニュアルを現在作成準備中で有りますが、
  Kaさんの件を教訓として、急ぎ「緊急連絡先」の用紙を配布し、これを各自の部屋

  の目立つ所へ表示する事としました。


5)今後、すみれ会では単身住まいの会員を中心に「見守り制度」を確立する為の
  準備作業を理事会を中心に進めてまいります。

(情報交換レポート)
*セブでの入院に関し、入院手続きの際はデポジットの現金と保証人が必要となりますが
 緊急入院等で本人が意識不明の重体の場合は特に速やかな処置治療が必要となりますの
 で、家族の方々と「どの程度までの治療をしてほしいかや入院準備金」を事前に話し
 合っておくことが大切です、特に独身の方は近所に住む信用できる方にお願いし、事前
 準備の打ち合わをシッカリしておくことが大切です。
 特に重傷で入院費用が高額となる場合は、デポジットを最低でも10万ペソ以上は用意
 しておかないと足らなケースもでてきますが、自宅に大量の現金を常備しておくのも
 危険かと思います、その際はクレジットカードでも病院では受け付けてくれますので、
 日本或いはフィリピンで銀行口座を持っていればクレジットカードの発行が可能です 
 ので、いざという時の為に現金とクレジットカードを事前準備しておいてください、
 但しある程度の現金は必要なので、クレジットカードと現金の併用が望ましいとの事
 フィリピンの銀行系のクレジットカードに関しては、日本のカードとはシステムが多少
 異なりますので、詳細は総務理事にお問い合わせください。


*すみれ会の終活「生前準備」は大変重要であり、說明会は随時行われてはいるが未だ
 理解出来ない部分もあり随時議題に上げて浸透を図ってもらいたい。


理事会より:今後は様々な具体的な例を挙げ理解を深めて頂くと同時に、個々の会員の中
      で事情が異なる上に個人情報が多々含まれているので、水曜会で個々の相談
      に総務理事が中心となり応じます。


*セブの病院はCTはあるがMRIは無い病院が多い、CTスキャンは1回の利用で
 1万5千P以上の金額が請求される特にチョンワホスピタルは高すぎる。
 (MRIは体に副作用が出るケースもあり、あまり進められません)


*マクタン島の公共水道は(人口が急激に増えてきた影響か?)最近特に水の出が悪くな
 った、自宅に井戸を掘りタンクの設置を考えている(土地は借り物、建物は自分名義)
 (インフラ整備が全く追い付いていないのでマクタン島だどこも同じみたいですねー)


*以前マニラに住んでいて、一か月半前にセブのITパークのコンドミニアムに引っ越して
 きたが、現在はスタジオタイプで毎月1万9千P支払っている、部屋が手狭で家賃が
 髙すぎる為、マクタン島へ引っ越しを考えている。
 (マクタン島在住の会員が沢山おりますので、情報提供しますよ)


*セキュリテイ付きのマクタン島空港の近くに有る外国人も多く住む立派なアパートです
 が、出入り口が3箇所あり各部所にセキュリテイーが24時間監視している、所がこの
 セキュリテイーガードマンがノーチエックで出入りさせている為、危険この上なく管理
 組合クレームを申し入れたがどうなることやら!?
 (フィリピンの一般労働者全般に言える事だが、給料が驚く程安い為仕事に対する忠誠
 心やモチベーションが全くないのがこの国の実情です)


*その昔、旧木曜会(現在のマクタン島木曜会とは関係ありません)から現在のセブすみ
 れ会までの20年を考えると、他にもセブには幾つかのグループは有るが、現在のセブ
 すみれ会は大きく改革され、「生活情報交換」「会員交流」「生前準備」「緊急対応マ
 ニュアル」「見守り制度」「ボランティア活動」等安全、安心を売り物にした新すみれ
 会となっており大変良い事なので、今後は更に広報活動を盛んにし、より多くのセブ在
 住日本人の方々に加して頂きたい。


 理事会より:暖かい励ましのお言葉ありがとうございます、今迄のセブすみれ会は、
       「生活情報交換」「会員交流の為の様々なイベント」が中心でしたが、
       現在はセブでの私達の生活が「安全、安心」の基盤の上に成り立っている
       事が最も大切と考え、「生前準備」「緊急対応マニュアル」「見守り制
       度」を先ずは確立させた上での「生活情報換」「会員交流の為の様々な
       イベント」であると考えております、会員の皆様のご理とご協力を宜し
       くお願い致します。


*今まで健康で薬飲まずの生活であったが、先日頭がふらつきなんとなく違和感があり
 娘の行き付けのパブリック病院に行った所、血圧が170以上あり血圧降下剤(10
 MM)を飲むと瞬時に140まで下がった、毎日忙しく動き回り、トロトロでの外食も
 多く、コレステロールが高いにもかかわらず薬も飲まず3イン1のコーヒーをガブ飲み
 タバコは一日1箱以上の生活では、やはり歳には勝てないか!?今後は家族の為にも
 気を付けたい。



*先日、日本から持ち帰った冷凍しじみなどの食料品、税関のX線検査でいちゃもん付け
 られたが何とか通れた、ダンボールでの持ち込みは税関でのトラブルも多く税関員にも
 目を付けられやすいので注意が必要です。
 中国製の2輪Eーバイクは故障が多く散々な目に有ったので、購入はお薦め出来ない。



*最近、ITパークの広域道路は全線駐車禁止になっているので注意!
 日本レストラン知暮里の近所に駐車場が有りますが、免許証を提示し「シニア」

 ですと駐車料金は無料です。



*先日、酒大好きの友人が酔っ払って帰宅途中に10万ペソとクレジットカードを落とし
 てしまった、懲りずにその後再び酔っ払って帰宅し、顔見知りのガードマンに自宅ドア
 を開けるように頼んだまま自宅玄関前で酔いつぶれて寝込んでしまい、持っていたカバ
 ンの中から1、000ドル(約53,000ペソ)盗まれた!「大酔っ払いして寝込ん
 でいたのに、何故犯人がそのガードマンだと分かったの?」の問いに、なぜかそのガー
 ドマン、次の日から突然仕事に来なくなった(皆大笑)



*2年前から20MMの血圧降下剤を飲んでいたが現在は量が増えて40MMを飲んでい
 る、段々と薬が効かなくなっている。
 日本に一時帰国して居る時は血圧170以上あるがセブに来ると135に下がる、気候
 のせいなのだろうか?
 セブで購入している血圧降下剤は30個入りで千Pですが、人によって飲む量は違うの

 様ですが体にはよくないそうなので、出来るだけ飲まない様にした方が良いのでは?
 
理事会より:最後に、先月22日に脳血栓で倒れられた、Kaさんに対し近所にお住まい
      であったとは言え、Ki御夫妻の心のこもった献身的なサポートには頭が下が
      ります、現在重い障害と戦っているKaさんに成り代わり心より感謝申し上
      げます、本当にご苦労様です。


セブすみれ会では、会員の「一人暮らしの会員の安否確認」「緊急対応マニュアル」等の「生前準備」の対応を会員同士で助け合いながら準備を進めております。
常時、セブ在住の日本人の方々を対象に新会員を募集しております
次に毎週水曜日午後1時より、マンダウエ市Jセンターモール2Fイミグレーションの外側のテラスにて、生活情報に関するよろず相談事を承っております、これからセブに住む予定の方並びにセブ在住の日本人方、会員以外方どなたでも結構です「転ばぬ先の杖」として是非「セブすみれ会」をご活用ください。



お問い合わせは下記コメント欄にお願いいたします。                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                                      以上



  
  

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。