セブ島移住者による交流会のブログ

セブ島移住者による「すみれ会」及びロングステイヤーの集い「木曜会」の活動状況を発信して行きます。

2018年のフィリピン経済の予想

世銀の成長予測、20年まで東南ア最高水準


経済成長予想
世界銀行は9日、最新の世界経済見通し(GEP)を発表し、フィリピンの2018年の実質国内総生産(GDP)成長率を6.7%と予測した。19年は6.7%、20年はやや減速の6.5%で、東南アジアではトップクラスの成長率を維持するとの見通しを示した。
世銀は、労働力人口の増加、税制改革による歳入増、外資規制の緩和、インフラ支出の拡大などにより、フィリピンは東南アジアでも最高水準の成長率を維持すると予想した

中国の一帯一路構想の一路(21世紀海上シルクロード)に当たる東南アジア各国にはAIIBなどからインフラ整備のための膨大な資金が降りてくる。
そして、そのルートを通り、物は中国、東南アジアから欧米へ、金はその逆へ…
20世紀は産油国とIT産業国が大富豪に、21世紀は世界の生産拠点が大富豪になるのかも?


世銀の成長予測、20年まで東南ア最高水準 フィリピン・経済一般・統計
世界銀行は9日、最新の世界経済見通し(GEP)を発表し、フィリピンの2018年の実質国内総生産(GDP)成長率を6.7%と予測した。19年は6.7%


NNA ASIAアジア経済ニュースより

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。