セブ島移住者による交流会のブログ

セブ島移住者による「すみれ会」及びロングステイヤーの集い「木曜会」の活動状況を発信して行きます。

シニアの生活 その結末が・・・

7月17日のクモ膜下出血で入院以降、
K氏の人口呼吸器の管(チューブ)は、口から肺まで挿入されていて
喋ることもできず、顔を左右に動かすと管が肺から抜管する恐れもあるので、
身動きさえ出来ない状態でした。
チューブをくわえているので、わずかに空いた口から喉が乾燥し、
一時は肺炎にもかかってしまいました。


挿入された直径7ミリ程度の管により、食道の細胞が圧迫され、
細胞が損傷する可能性も高いので、口から挿入の人口呼吸は、
通常では2週間程度に留めるのが一般的な医療の判断ですが、
K氏の場合は、既に1ヶ月以上を経ていました。


自己呼吸が可能になれば、人口呼吸器を外すことも出来るのですが、
K氏の場合は、2日程度の自己呼吸しか出来ない為、気管支切開手術
が検討されました。


長期間の人口呼吸器を必要とする場合は、気管支切開をし、肺からの
距離を短くすることで、口が閉じられ、顔を動かすことも可能になるので、
体力の回復に繋がり、早期退院に繋がるという医療判断です。


気管支切開により、退院後に声が出なくなる恐れもあり、慎重に
判断しましたが、この時点で既に肺炎に犯されていることを医師から
告げられていましたので、気管支切開手術に同意しました。


親族にも連絡し、了承いただけたので、手術に同意する署名をしましたが、
病院側の弁護士から親族の同意が必要であることを改めて告げられました。
親族に同意書の署名を求めましたが、入院診療計画書の提示や手術に伴う
リスクなどの回答をするまで2週間程要してしまった為、病院側の判断で、
緊急手術が施されました。


手術後の経過は良好でしたが、この時まで既に1ヶ月余りの入院生活で、
院内細菌に犯されており、臀部(おしりの部分)の皮膚が爛れ、壊死しているので、
皮膚を切開除去し、他の部位の皮膚を移植する手術が検討されました。


併せて、血液中の細菌を殺す投薬治療と血液の交換が必要になりました。
この時点で親族からの送金額で約1ヶ月程度の投薬治療が継続できると

計算していましたが、細菌を殺す薬が非常に高額で1日当たり2万ペソが
追加支払いとなり、毎日2万5千ペソも掛かってしまった為、予定した
治療期間が大幅に短縮されるので、親族に追加資金の依頼をしました。


しかしながら、返答が無いため、これ以上のK氏への投薬治療は
治療費の資金不足で困難と判断し、親族にサポートは続けられない旨を

通知しました。


医師にも、これ以上の治療費が支払えない旨を伝え、付き添い介護士も
9月6日を以って撤退させることにしました。
しかし、病院側の判断は、例え治療費が支払えなくても、治療が可能な限り、

治療を継続すると仰りました。
病院側への未払い入院費用は既に50万ペソを超えていましたが、

医師への支払分(プロフェッショナルフィー)10万ペソはディスカウントする
とさえも言ってくれました。
また、チャリティー病院への転院も紹介するとも言ってくれましたが、

今後の判断は全て親族へバトンタッチし、サポートから撤退する旨を伝えました。
従って、今後の治療は、親族からの支援は困難と考えられますので、

全て病院側の判断に委ねられることになりました。


すみれ会会員の皆さんや木曜会の方にもご心配をお掛けしてきましたが、
結局、親族側との治療費の壁を乗り越えることが出来ず、不本意な結末に
なりましたことをご報告申し上げ、「シニアの生活」最終回とさせていただきます。


セブ・すみれ会のボランティア活動報告

9月12日(水)すみれ会に於ける本年度の基本方針の中に「ボランティア活動」が有り
様々な準備も整い、此処に第一回目のドネーション(学用品とお菓子50人分寄贈)が

実施されました。

(小学校に通う生徒たちが住む家並み)


訪問したのはマンダウエ市のウマパッドバランガイに有りますUmapado Elementary Schoolで、場所はマクタン島からニューブリッジを渡ると右手に養殖場が広がっておりその先の進行方向に水色の歩道橋が見えますがその右手がUmapado Elementary Schoolです、この養殖所の奥にはスラム街が密集しており、そこに住む子供達が通う公立小学校が今回ドネーションを行った所です。

(貧困が故に満足に小学校に通えず休学している生徒達)


(8月に事前打ち合わせの為に小学校へ訪問した担当理事)


既に2回程、担当理事が事前打ち合わせの為に訪問していたこともあり、当日は生徒や教職員からの盛大な歓迎を受け、歓迎セレモニーには当日参加したすみれ会理事3名と会員1名も胸を打たれ感激の面持ちでした。

(歓迎セレモニーで我々を出迎えてくれた生徒の皆さん)

(とても小学生とは思えない高校生並みの体格をした生徒もチラホラ見かけ、貧しさの
現実をまざまざと見せられました)

お菓子を受け取る嬉しそうな子供達の笑顔を見るともっと持って来るんだったナ~!!

今回は初回でも有り、僅かなドネーションでは有りましたが子供達の嬉しそうな顔を見ていると、今後も予算の許す限り続けて行かなければならないと「セブで軒先をお借りして生活している日本人として」深く感じた次第で有ります。

(最後にセブの若者達の間で大流行中の”BOOM BOOM"の曲で返礼のダンスを披露してくれました)

(感謝状の授与、「この感謝状は何かの時には必ずやお役に立ちます」との校長先生の
お言葉に改めて、身の引き締まる思いでした)

今後も、セブ市、マクタン島と順にボランティア活動を続けて参りますので会員を初め
セブに住む日本人の皆様のご協力を賜ります様お願いいたします。


セブすみれ会では、会員の「一人暮らしの会員の安否確認」「緊急対応マニュアル」等の「生前準備」の対応を会員同士で助け合いながら準備を進めております。
常時、セブ在住の日本人の方々を対象に新会員を募集しております
次に毎週水曜日午後1時より、マンダウエ市Jセンターモール2Fイミグレーションの外側のテラスにて、生活情報に関するよろず相談事を承っております、これからセブに住む予定の方並びにセブ在住の日本人方、会員以外方どなたでも結構です「転ばぬ先の杖」として是非「セブすみれ会」をご活用ください。




お問い合わせは下記コメント欄にお願いいたします。


セブ・すみれ会9月定例会報告

9月2日、日曜日午後1時よりセブすみれ会定例会が行われましたので、その内容を
報告致します。

理事会報告
1)8月にオブザーバーとして出席された7名の内4名(Onさん、Sさん、Iさん、Oiさ
  ん)が今月より正式に入会されました
  更に今月1名(Hさん)オブザーバーとして出席されました。


2)10月19日より行われます「レイテ島オルモック旅行」申込者が定員の10名
  (会員7名、家族会員2名、木曜会会員1名)に達しましたので申込みを締め切りま
  す、尚申込者は10月3日の定例会までに申込金3,500ペソを理事会に支払う事と
  します。
  注意)家族会員及び木曜会会員は補助金の対象外となります


3)旅行に関しては一昨年、参加者が少ない事や諸事情により、すみれ会の公式行事から
  格下げし同好会とし、補助金を打ち切りとしましたが、本年は会員も大幅に増え
  旅行参加希望者も多数となりましたので、公式行事として復活させ補助金(A案:
  5,000P/B案8,000P)を復活させる事で理事会より提案が有りました。
  会則に基づきA/B案の審議を行い定例会出席者賛成多数でA案:5,000ペソで
  可決されました。
  A案の条件としましては、以前の旅行では会員全員にお土産を購入してい
  たが今回からは、あまり意味の無い事として廃止することで了承されました。


4)病気退会者の件、会則第7条4項「会員が長期欠席し、3カ月以上会費を未納した場合
  は退会したものとして取り扱うが病気や怪我で長期治療のやむを得ない事情に限り理
  事会でその取扱いを決定する」とあります、現在元会員2名(Koさん、Kaさん)が
  この対象となっておりますが、理事会で具体的な対応に関する話し合いが行われ、遺
  言書が事前に提出されている元会員に限り親族或いは遺族の申し出が有った場合、

  理事会がその親族或いは遺族のサポートをする事が出来る、但しサポートに係る経費
  は全てその家族或いは遺族の負担とする、尚上記元会員対象者に関しては定期的に
  定例会で経過報告する義務を要する。
  尚、退会を自ら希望し遺言書も返却した元会員はその対象とはならない。
  独身会員の場合は、遺言書に基づき日本の家族或いは遺族と連絡を取り指示を仰ぐが
  やむを得ない事情に限り、家族の了解を取り付けた上でセブにその関係者が到着する
  迄は期限を決めて理事会では領事館と協議の上、主体的なサポートをする事が出きる


5)先々週金曜日にタリサイで日本人会会員の浜田さん暗殺事件が起こりましたが、その
  後の詳細な報告がすみれ会特別顧問の石田さんより有り、緊急連絡網の重要性が改め
  て認識させられました、すみれ会では今後もより一層充実した内容の緊急対応マニュ
  アルの作成に努めてまいりますので会員の皆様のご協力をお願い致します。


6)セブ日本人会主催、健康診断の件
  すみれ会では9月22日に日本人会事務所で行われます健康診断に関し日本人会理事会
  で参加を承認されました、マニラ日本人会の菊池医師による問診が行われますが、最
  寄りのラボラトリーで血液や尿等の検査を受けデータ表を持参すれば更に具体的な問
  診をしていただけます。


7)9月12日(水)・午前中にすみれ会公式行事のボランティア活動の一環としてマンダ
  ウエ市ウマパッドエレメンタリースクールで学用品を中心とした寄付を行いますので
  見学希望者は総務理事の門馬迄お申し出下さい。


8)現在、定例会の会場であります「神楽」に関し会員が増加しております関係で、手狭
  になりつつあり、現在「神楽」の周辺で貸会議室を探しておりますので何か情報が
  有りましたら理事会へ情報提供をお願いします。


9)9月23日(日)秋分の日午前10時よりリノアン・日本人墓地に於いて恒例の
  お彼岸供養が執り行われます、参加希望者は総務理事の門馬迄お申し出下さい。



(情報交換レポート)
*8月末にマクタン空港に到着した会員の新空港で問題となっているタクシーの最新情報
 到着ロビーを出た所にタクシー乗り場が有る、イエロータクシーは5~6台常駐して
 いるが、白のメータータクシーは5分~10分間隔で1台来る程度なので30分以上待
 たされるケースが多い、イエロータクシーもメーターを付けてはいるが通常の2~3倍
 の料金を請求してくるので注意が必要。
 もし荷物が無ければ無料巡回バスで国内線出発ロビーへ行き、路上からマリーナモール
 又はOponメルカド行きのジプニーが有るので安くて便利です。


*先日、前々から行きたかったマクタン島の「オリエンタルスパイスグルメ」レストラン
 に家族と行ってきました、味・ボリューム共にマア~マア~でした料金は一品250~
 300ペソ、場所はマクタン島オールドブリッジを渡ってTAMIYAの先の進行方向右側
 バサックバランガイホールの真向かいの道路沿いで5~6台駐車できるスペースが有る


*TAMIYAの道路を挟んではす向かいに新しく開店しました日本飯店「SAKURA」日本
 スタッフ常駐との情報で期待して行ってきましたが料金が高い割にはコストパフォーマ
 ンスはイマイチとその後の評判も芳しくりません、”日本飯店”オーナーは中国人?
 最近セブで増殖中の中国人観光客狙いかナ??


*観光ビザの延長手続きをする前に航空券を買ってしまった、ビザ延長したら出発予定日
 の2日に期間が切れてしまう為、旅行代理店で確認したら航空券の日程変更手数料は
 8,000ペソ必要との事、ビザの延長料金は4,000ペソなので泣く泣くタッタ
 2日間の為に再度ビザの延長しなくてはならなくなった。


*今月の始めより9月21日迄の3週間、マクタン空港が深夜1時30分~午前6時30
 分まで滑走路改修工事の為運航停止となりその間大幅な時間変更やフライトキャンセル
 となりますので事前確認を怠りませんように注意願います。


*デュニアコンシータと呼ばれている種類のお米をご存知ですか?
 このお米意外と粘り気が有って日本米に味が近く、冷めてもフィリピン米の様に固くな
 らなく美味しく頂けるんです、値段も1キロ52ペソと手頃で、聞くところによると
 ベトナムで日本人が技術指導して作られたそうです、しかし何処の米屋でも売っている
 わけでは無く、カルボンマーケットやマクタン島ではOPONメルカドでは確実に売っ
 ているようですが、後は自力で探してくださいオレンジ色のサックが特徴です。


セブすみれ会では、会員の「一人暮らしの会員の安否確認」「緊急対応マニュアル」等の「生前準備」の対応を会員同士で助け合いながら準備を進めております。
常時、セブ在住の日本人の方々を対象に新会員を募集しております
次に毎週水曜日午後1時より、マンダウエ市Jセンターモール2Fイミグレーションの外側のテラスにて、生活情報に関するよろず相談事を承っております、これからセブに住む予定の方並びにセブ在住の日本人方、会員以外方どなたでも結構です「転ばぬ先の杖」として是非「セブすみれ会」をご活用ください。


お問い合わせは下記コメント欄にお願いいたします。