セブ島移住者による交流会のブログ

セブ島移住者による「すみれ会」及びロングステイヤーの集い「木曜会」の活動状況を発信して行きます。

セブ・すみれ会レイテ島オルモックの旅・後編

10月19日より3日間レイテ島オルモックへセブ・すみれ会で旅行に行ってきました。

3日目の21日は、74年前米軍マッカーサー元帥がレイテ島に上陸した記念日に合わせて8年前より毎年恒例行事として行っている、 セブレイテ慰霊奉賛会 レイテ慰霊巡礼ツアー(10月19日〜21日)に参加させて頂き、オルモック地区3か所を慰霊させて頂きました。

レイテ島の戦いとは、1944年10月20日レイテ湾よりマッカーサー元帥率いる約20万以上の米軍が上陸進行して来たのを旧日本軍約9万人の守備隊が迎え撃ち、激しい戦闘が繰り広げられましたが、レイテ沖海戦で旧日本海軍の機動部隊が壊滅的な打撃を受けていたために、制空権を握られ補給路をも断たれ悲惨な負け戦となり更には米軍に協力するフィリピンのゲリラ部隊の待ち伏せ攻撃を受け続け、日中はジャングルに潜み夜中に移動し、食料はジャングルの中の蛇やカエル等をゲリラの標的となる事から煮炊きが出来ず生のまま食べ不衛生な水を飲まなければならず、マラリアや赤痢や下痢そして栄養失調の為多くの将兵が無くなっていきました、最終的には9万人の内97%が犠牲となったそうです。

(此の鎮魂碑のいわれを皆で読んでいます、これは京都の陸軍師団で師団長を始め多くの将兵が祭られておりました)

(オルモックでは有名な旧日本陸軍司令部跡の「ココマート 戦争荒廃建造物」米海軍戦艦による激しい艦砲射撃を受け悲惨な戦争を今に伝える建造物ですが、この土地は私有地でフィリピン人オーナーのご厚意で保存されております)


(見晴らしの良い高台にあるオルモックでは最高級の住宅街にある戦没者記念碑、ツアー参加者全員での記念撮影)
現在、我々セブ・レイテに住む在留日本人は74年前に故郷の家族を想いつつ犠牲となった日本の若者達の礎の上に私達の平和な暮らしがあることを決して忘れてはならないと心に刻んだレイテ慰霊巡礼ツアーでした。
オルモックへ来るときはオーシャンジェットでしたので帰途はスーパーキャットを利用し快適な船旅でセブに全員無事戻ってきました。


セブ・すみれ会では毎週水曜日午後1時よりマンダウエ市Jセンターモール2Fテラスにて「よろず相談」を受け付けてけております「転ばぬ先の杖」として是非ご活用ください、会員以外の方でもお気軽にお越しください。




お問い合わせは下記まで

セブ・すみれ会レイテ島オルモックの旅・前編

10月19日より3日間レイテ島オルモックへセブ・すみれ会で旅行に行ってきました。
今回は、2年ぶりに公式行事として復活し、現地手配のワンボックス車の定員の関係で10名での旅行となりました。

(オーシャンジェットでいざ出発)

(晴天にも恵まれ順調な船旅)
初日はセブのピア1に朝10時に集合し2時間半の所要時間でオルモックへ到着し、オルモック在住で,木曜会のKさんとSさんご夫妻のお出迎えを受け、ホテルにチェックインし
早速遅い昼食をホテルレストランで食べる事になりましたが、流石ここはフィリピン!
注文の料理が出てきたのはナント1時間後、現地の事情に精通しているすみれ会のメンバーは誰一人文句を言わず、ジッと我慢、ガマン!!
昼食後はOさんが持参した「ドローン」で皆童心に返った様にホテルの中庭で夢中で遊んでおりました。


夕食は現地在住のKさん夫妻の案内でバーベキューレストランへビーチサイドで心地よい夜風に吹かれ、バーベキューは勿論の事シーフードやスープも絶品でしかも値段はセブ市内に比べると半額近く安く、デザートのパイナップルが極甘と皆さん大満足でした。


オルモックはパイナップルの産地として有名だそうで、セブに比べると小粒ですが兎に角甘くて美味しかったので、翌朝Kさんの奥さんが市場で100ペソで5個程買って持ってきて頂き、全員で舌鼓を打ちました。最終日に数名の皆さんがお土産に買っていた様です


2日目は、国立公園内の湖へホテルで用意してもらった、昼食用の弁当を持参しピクニック、湖へ行く途中の景色が又素晴らしく、自然豊かで車の渋滞もなく、ガソリンがセブ市内よりも1リッター当たり5ペソ以上も安く、市内のサブディビジョンは広い庭付き2BRで家賃が何と6千ペソで、水道水も飲む事が出来、オルモックには地熱発電所があることで停電が無いそうでセブ市内に比べると羨ましい限りの生活環境であります。

(美しい田園風景に途中休憩)

(セブでは見る事が出来ない、竹製屋根付きバイク)


(お隣のフローティンレストランでは賑やかにバースデイパーティーの様です)

(持参したデザートのオルモック名物のパイナップルも美味しかったー)

ホテルから約1時間半で、湖へ到着し名物竹のイカダで造ったフローティングレストラン
(約15~20名弱)で湖の真中へボーイ2名が曳くロープで湖の真中へ、心地よい湖を渡る風に吹かれ全く暑さを忘れるひとときでした。


湖からの帰り道には豊かな花畑や田園風景の中に水牛が放牧されセブの痩せ細った牛とは比較にならない程丸々と太っており、車中では「もしかしてオルモックビーフは美味しいかも?」との話題に花が咲き「今晩はビーフステーキを食べに行こー!」となり、オルモック在住のKさんの案内で、レストランでビーフステーキを一口食べて全員異語同音に
「セブの筋だらけで咀嚼するのに顎が疲れる程硬いビーフとは比べ物にならない、日本レベルのクオリティー」と絶賛!しかも300gで300ペソと驚く安さに、オルモック最後の夕食を堪能した次第です。

                                                                                                         後編へつづく



【納骨】Kさん日本人墓地に永眠


海洋葬を希望していたKさんでしたが、法律上の問題がある為、
急遽、親族の同意を得てリロアンにある日本人墓地
(Celero Memorial Estates Cebu)へ埋葬することにしました。


日本人会へ納骨申請を行い、14日の日曜日午前10時に決まりましたので、
すみれ会及び木曜会の関係者へ事前に伝えられ、
10名ほどの方に出席していただけました。


当日は快晴で、夏日のような暑さでしたが、墓地の清掃やテントが
事前に準備されていて、お供物やお花をお供えし、定刻より15分ほど早く、
読経とお焼香を始めました。



Kさんは、この日本人墓地の12番目の入居者になるそうですが、
すみれ会では初の入居者でした。

この日本人墓地は、セブ日本人会員・非会員に関わらず、

ビサヤ地域で逝去した場合に永眠の場とすることが出来ます。
また、日本人以外でも永眠した配偶者や1親等以内の親族でも
理事会の承認で永眠の場とすることが可能です。

納骨費用も僅かな寄付金(5,000ペソ~)と墓地管理事務所への手数料のみです。


春分の日、秋分の日前後に供養を行いますので、永代供養も可能です。


来年の春分の日の供養には、墓石に入れる炭(湿気を取るため)を
忘れないで持っていくからね。・・・Kさん。
3ヶ月もの闘病生活、さぞ辛かったでしょうね。よく頑張りましたね。
安らかに永眠して下さい。・・・本当にさようなら・・・です。