セブ島移住者による交流会のブログ

セブ島移住者による「すみれ会」及びロングステイヤーの集い「木曜会」の活動状況を発信して行きます。

Kさんとお別れ

Kさんの葬儀日が決まりました。
親族の方が来られる日に合わせて、7日、日曜日の午後3時30分から

ローリングヒルズで行われます。
その日は、すみれ会の定例会の日でもありますので、都合のつく方は

定例会終了後、ご出席頂ければ幸いです。
その後、4時からは火葬の予定です。


葬儀場の手配などの一切を介護士A嬢と妻が段取りしていましたが、
親族からの返信メールが無く、A嬢も不安を隠せなくなっていました。
その矢先に疎遠にしていた親族から電話があり、A嬢の英語が

理解出来ないとのことでした。


A嬢と妻から、葬儀の段取りなどを確認すると、万一、台風の影響などで
親族が来られなくなった場合、葬儀場で火葬が出来るのかを確認すると、
案の定、確認していませんでした。


火葬するには親族の署名が必要なため、来られるという前提でしか
考えていなかったのです。
親族が来られなかったら、火葬が延期になり、チャペルの使用料が

1日1万ペソも追加されていくことなど、フィリピン人には、想定される
リスクなど考えていないのです。


2人に任せておくことはできないので、来られない場合を想定し、
署名する書類を親族へメールしました。
また、火葬の前に葬儀費用を支払うことが絶対条件なので、

日本から葬儀費用の振込みと同時に現金でも持参するという、
両構えで、準備を始めました。
これで、万一、親族が来られなくても葬儀と火葬が行えるようになりました。


写真の祭壇は、韓国様式らしく、すみれ会のISD顧問に日本様式の祭壇に
していただく様、お願いしました。

Kさんが生前より希望していた、遺灰は海に散骨することは法律で禁止

されていますので、親族と相談して、遺灰はリロアンの日本人墓地に
埋葬することにします。
毎年、お彼岸の日に墓参することが出来ますので、Kさんも寂しくなく、
納得してくれることでしょう。・・・・つづく

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。